人吉市(九日町・下新町)災害ゴミ分別搬出重機活動

2020.7.26
本日は
「くまもと友救の会」から7名
熊の恩返し」さん2名
「チーム愛と感謝」さん1名
「ロハス南阿蘇たすけあい」さん8名
「ありえの家」さん9名
「イキマス熊本」さん1名
「個人参加」3名
での協働です🌟
 
まず、札の辻駐車場での段取りは、作業の進め方は基本的にロハスさんにお任せし、友救の会から3名と「熊の恩返し」から1名の手元作業及びダンプの運転手を派遣しました。
車輌関係の陣容は、0.2クローが一機、0.1クローが一機、4トンアームロール車1台、4トンダンプ1台、2トンダンプ2台、2トンユニック1台です。
札の辻駐車場からは、全て2トンダンプによる搬出と換算した場合に、
鉄くず1台
ウレタン系1台
可燃ごみ8台
木くず4台
家電1台
石膏ボード3台
フトン1台
を搬出したことになります。
 
さらに、西原商店のいう会社さまの応援もあり、4トンの深型アームロール車も木くずを5台分搬出しております。
札の辻駐車場では、石膏ボードが近隣から出てきているということで、家屋内のゴミ出しから、壁や床を剥がす作業に町として移ってきているのがわかります。
札の辻駐車場の作業風景などの状況は、ロハスさんの報告を見ていただけると幸いです。

熊本豪雨災害支援活動22日目、7月26日曇り【人吉ベース災害ゴミ分別搬出】本日は、4トンダンプ1台アームロール4トン1台2トン車2台、重機0.21台0.1台0.051台持ち込みして、ロハス南阿蘇たすけあい8名で取り組みま…

おやっ さんさんの投稿 2020年7月26日日曜日

 
さて、下新町の民地の方ですが、こちらははじめて参加された8名と、撮影係の友救の会スタッフや個人参加のオペレーターさんなどの活躍と、車輌関係が
0.15クローが2機、0.05クローが一機、2トンダンプが4台、という陣容です。
こちらも、西原商店さんから4トン深型アームロール車が応援に入って下さり、深型で3台、2トンダンプに換算すると7.5台分の搬出にご活躍頂きました。
西原商店さんは、僕のFacebookをご覧になられて、車を出すことしかできないが…とご協力のご提案を頂きました。
いやはや、さすがです。積み込みのスピード、量共に大変助かりました!
 
下新町民地では、西原商店さんの7.5台分の他、
鉄くず3台
可燃ごみ17台
木くず3台
家電1台
ガラス陶磁器1台
畳4台
を搬出しました。
友救の会からは4トンダンプも来ておりましたが、下新地の近隣の泥を排出するために近隣住民さんに貸し出しました。
 
拠点に帰り、各ダンプの排出記録を合計すると、
鉄くず4台
ウレタン系1台
可燃ごみ25台
木くず19台
家電2台
ガラス陶磁器1台
畳4台
石膏ボード3台
フトン1台
の60台分を集積上まで分別積み込み搬出できたことになります。
 
人の力って、凄い…。
札の辻駐車場も下新町民地も、目に見えて災害ゴミが撤去されていきます。
撤去中も、続々と持ち込まれますが、それでも減り続けます!
 
昨日、この活動に再び参加された方が、本日は別の所で家屋内からのゴミの搬出活動をされていたようです。
トラックに積み込まれた災害ゴミを、集積場へ運ぶと仲間たちに思われていたらしく、15分で戻って来た時には仲間から「河にでも捨ててきたんか?」と言われたそうです😂👏
 
僕たちが災害ゴミが不当に置かれた場所の分別搬出をしながら、近隣住民さんの災害ゴミを受け入れることで、住民さんは迅速に家屋内の災害ゴミを出すことができているようです。
1日作業と思われていたところが、半日で終わったと、喜ばれていました😊
団体や個人、会社や機関…。それぞれ、被災による環境も違うし、思うところも違う部分があるかもしれない。
けれども、困っている人を何とか助けたいというシンプルな気持ちは同じ。
その気持ちを、何かの統一したものにまとめようとするから、まとまらない。
僕たちはその想いや気持ちを、繋げたい。
人が人を想う。
その想いが繋がった時の偉大さを、今日も噛み締めながら、明日への活力を約束します。
業務外にも関わらず、車輌や従業員さんをご協力頂いた西原商店さん、改めて感謝申し上げます。

 
本日も詳細な報告を「熊の恩返し」の報告でご確認頂けます。ぜひ、こちらもご覧下さい。

人吉市にて活動 7月26日…

白木川 直己さんの投稿 2020年7月26日日曜日

 

松岡亮太さんの投稿 2020年7月26日日曜日

 

松岡亮太さんの投稿 2020年7月26日日曜日

益城町民として、益城の恩返しを今!
また、必ず会おう。何事も無かったかのように。
やらない善よりやる偽善。

※カンパ先はこちら
ゆうちょ銀行
クマモトユウキュウノカイ
普通
記号17190
番号32113781
支店718
代表者 松岡亮太

#Bridgekumamoto基金
この活動は皆様から頂いたご支援と共に、上記から助成を頂いております。